更年期障害の関節痛

更年期障害関節痛

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

更年期障害の関節痛とは

女性の性成熟成から老年期への時期の事を更年期といいます。
その時期の、肉体的または精神的に起こる様々な症状の事を更年期障害と言います。

症状は40代半ば位から50代半ば位まで続くようで、腰痛、関節痛、動悸、高血圧、痺れ、頻尿とあらゆる症状がでます。

卵巣の機能が衰える時期に起こるので、女性特有の病気です。

非常に怖い生活習慣病

関節は、「動くこと」と「支えること」という2つの大きな役割をもっており、 骨と骨のつなぎ目にあるものです。

しかしこの関節、加齢などで関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こると、 土台の骨そのものにも変形が生じてきます。

それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。

膝の場合「変形性膝関節症」と言います。

さらに関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、膝の周辺の骨折や、 靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものがあります。

こわーい生活習慣病 〜〜関節痛の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病