椎間板ヘルニア

椎間板のヘルニア

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

椎間板ヘルニアとは

椎間板という組織は、背骨を構成している椎骨と椎骨の間にある軟骨組織です。

この椎間板は弾力性があり、脊椎にかかる衝撃を吸収するクッションの役割があります。
椎間板にかかる強い衝撃や、20代から始まる組織の老化が原因でこのクッションはだんだんとへたれてきます。

へたれてきたクッションは、すぐ近くにある「腰髄」を圧迫する形となり、それが腰または坐骨神経に痛みを感じる原因となります。

腰が痛くなるのはもちろんのこと、脱力感や筋力の低下、知覚障害などもおき、歩行困難な状態まで陥るケースもあります。

はじめは激しい痛みや炎症があるので、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使用して安静にします。
痛みが治まってくれば、慢性腰痛症と同じような治療をします。

ただし、排尿障害や下肢などの麻痺がある場合は手術を行います。

非常に怖い生活習慣病

関節は、「動くこと」と「支えること」という2つの大きな役割をもっており、 骨と骨のつなぎ目にあるものです。

しかしこの関節、加齢などで関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こると、 土台の骨そのものにも変形が生じてきます。

それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。

膝の場合「変形性膝関節症」と言います。

さらに関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、膝の周辺の骨折や、 靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものがあります。

こわーい生活習慣病 〜〜関節痛の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病