変形性の脊椎症

変形性脊椎症

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

変形性膝関節症とは

膝関節というのは常に身体を支えるものであり、長年にわたって運動の衝撃や、仕事等の膝にかかる衝撃というものすべてを吸収してきました。

この膝が肥満や老化を引き金に痛みを発する関節痛です。

男性よりも特に女性の多く、疲労、老化、使いすぎによる軟骨の磨耗が原因で関節内部組織に損傷や炎症を起こす為おこります。

症状として主に膝の曲げ伸ばしの際に痛みがはしり、放って置くと膝に水がたまるようになってしまい、腫れてきます。
次第に星座がまともにできなくなります。

治療法としては、痛みには消炎鎮痛剤を使い、温めて周囲の筋肉を強くする事によって痛みをカバーする事です。

症状が悪化している場合はO脚になる可能性もあるので、矯正したり、人工関節置換手術なども行います。

非常に怖い生活習慣病

関節は、「動くこと」と「支えること」という2つの大きな役割をもっており、 骨と骨のつなぎ目にあるものです。

しかしこの関節、加齢などで関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こると、 土台の骨そのものにも変形が生じてきます。

それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。

膝の場合「変形性膝関節症」と言います。

さらに関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、膝の周辺の骨折や、 靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものがあります。

こわーい生活習慣病 〜〜関節痛の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病