脊椎症

脊椎症

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

変形性脊椎症の症状

発生する場所によって痛みを感じる場所が違います。
頸椎の場合、自覚症状がないときもありますが、多くは脊髄圧迫による手足のしびれ、肩こり、首の後ろに痛みを感じます。。
起床時やうつむいたりすると症状が出やすいです。
頸髄が圧迫される場合は、手足の痺れ、ボタンをかけるなどの軽作業が困難になったり、けいれんして歩きにくくなったりします。

腰椎の発生した場合は、腰痛はもちろんのこと、下肢のしびれがあります。
腰は曲げたりそらしたりすると痛み、足に力が入らなくなる事もあります。
また、運動等行うと悪化する場合がありますので注意が必要です。

非常に怖い生活習慣病

関節は、「動くこと」と「支えること」という2つの大きな役割をもっており、 骨と骨のつなぎ目にあるものです。

しかしこの関節、加齢などで関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こると、 土台の骨そのものにも変形が生じてきます。

それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。

膝の場合「変形性膝関節症」と言います。

さらに関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、膝の周辺の骨折や、 靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものがあります。

こわーい生活習慣病 〜〜関節痛の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病