テニス肘

テニスの肘

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

テニス肘とは

テニスでラケットを振ったりボールを打ったりする事で、肘の周りの筋肉は繰り返し強い力を受けます。
繰り返していると部分断裂をしたり、炎症を起こしたりして、肘の外側、上腕骨の外部に痛みが発生します。
その痛みでラケットを握る力が落ちたり、振ったり、ボールを打ち返す事が困難になってきます。

この事を主にテニスが原因でなる事から「テニス肘」といいます。

治療法として、痛みが治まるまでアイシングをして固定します。

次に、サポーターや弾力性のある包帯で肘を固定します。
痛みには消炎鎮痛剤や副腎皮質ホルモンを使用します。

症状が改善されない場合は手術を要する事もあります。

非常に怖い生活習慣病

関節は、「動くこと」と「支えること」という2つの大きな役割をもっており、 骨と骨のつなぎ目にあるものです。

しかしこの関節、加齢などで関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こると、 土台の骨そのものにも変形が生じてきます。

それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛みや腫れなどの症状が現れるのです。

膝の場合「変形性膝関節症」と言います。

さらに関節リウマチなどの炎症性の疾患によるもの、膝の周辺の骨折や、 靭帯や半月板を傷めるなどの外傷によるものがあります。

こわーい生活習慣病 〜〜関節痛の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病