成人t細胞性白血病

成人のt細胞性白血病

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOPへ こわーい生活習慣病 》》 生活習慣病の原因「ガン」 》》 成人T細胞性白血病とは

成人T細胞性白血病とは

成人T細胞性白血病とは、レトロウイルスの一つである、ヒトT細胞白血病ウイルスI型がTリンパ球に感染し、それが全身の臓器に入ってくる事によって発症する白血病です。

症状としては発熱、貧血、寝汗などのほか、肺、消化管、肝臓、脾臓、リンパ節などが腫れて、全身に急性か慢性のリンパ性白血病の症状がでます。
感染から発症まで数十年かかるので、主に40歳代〜50歳代の男女に発病し、感染経路は、輸血や血液製剤、母子感染などです。

抗白血病剤や抗腫瘍剤を使用しながら免疫不全の進行を抑える治療を行うようにします。

非常に怖い生活習慣病

生活習慣病の代表的な病気として、「ガン」があります。

そもそも「ガン」というのはどういったものでしょう。

ガンとは 遺伝子が うまく機能しないために起こる病気の事です。

人間の体というのは、60兆個もの細胞のかたまりで出来ていますが、 これらの細胞は「遺伝子」と呼ばれるものによって働きを制御されています。

細胞というのは、分裂を繰り返し、どんどんと自分の細胞を増やしていきます。 ある臓器の一部では、新しい機能をもった細胞も出てきます。
細胞は、古い細胞が壊されては、分裂するという一定の法則にしたがって分裂増殖しているのです。

但し、その中で、細胞の分裂を正しくコントロールするための遺伝子が障害を受けると、 無駄に細胞が分裂増殖を繰り返す事になってしまいます。

必要もないのに、その細胞が分裂増殖していくと、大量の組織が発生します。

その大量の組織こそ「ガン細胞」であり、「ガン」の病気の原因なのです。

癌はそれが発生した細胞ごとに分類されるため、百以上の癌の種類があります。

こわーい生活習慣病 〜〜ガンを克服しよう!〜〜 こわーい生活習慣病

こわーい生活習慣病 〜〜白血病の種類〜〜 こわーい生活習慣病