胃がんの食事

胃がん食事

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

濃い塩分等の禁止

濃い塩分の食べ物は胃の粘膜を刺激し、胃が弱る原因となります。
弱ってしまった胃に発ガン物質が入ってくると、胃ガンになる可能性が高くなってきます。

そもそも塩分には発ガン物質は含まれていませんが、胃をあまり刺激しないためにも塩分の摂りすぎには注意しましょう。

目安として、一日の塩分摂取量は10g。理想では7g以下が好ましいです。

栄養管理をきっちりして、ガンになる可能性を少しでも抑えましょう。

非常に怖い生活習慣病

生活習慣病の代表的な病気として、「ガン」があります。

そもそも「ガン」というのはどういったものでしょう。

ガンとは 遺伝子が うまく機能しないために起こる病気の事です。

人間の体というのは、60兆個もの細胞のかたまりで出来ていますが、 これらの細胞は「遺伝子」と呼ばれるものによって働きを制御されています。

細胞というのは、分裂を繰り返し、どんどんと自分の細胞を増やしていきます。 ある臓器の一部では、新しい機能をもった細胞も出てきます。
細胞は、古い細胞が壊されては、分裂するという一定の法則にしたがって分裂増殖しているのです。

但し、その中で、細胞の分裂を正しくコントロールするための遺伝子が障害を受けると、 無駄に細胞が分裂増殖を繰り返す事になってしまいます。

必要もないのに、その細胞が分裂増殖していくと、大量の組織が発生します。

その大量の組織こそ「ガン細胞」であり、「ガン」の病気の原因なのです。

癌はそれが発生した細胞ごとに分類されるため、百以上の癌の種類があります。

こわーい生活習慣病 〜〜ガンを克服しよう!〜〜 こわーい生活習慣病

こわーい生活習慣病 〜〜白血病の種類〜〜 こわーい生活習慣病