肺動脈弁閉鎖不全症

肺動脈弁の閉鎖不全症

ザ・生活習慣病「こわーい生活習慣病」では、
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOPへ こわーい生活習慣病 》》 生活習慣病の原因「心臓病」 》》 弁膜症 肺動脈弁閉鎖不全

弁膜症 肺動脈弁閉鎖不全

右心室と肺動脈の間にある肺動脈弁が何らかの原因で閉鎖してしまう弁膜症です。

原因の多くは単独奇形の場合と、チアノーゼ症先天性心疾患に合併する場合とがあります。

二酸化炭素の多い血液が溜まってしまい酸素不足に陥ってしまいます。
新生児期からチアノーゼがおこります。

治療は早期的に短絡手術を施します。

非常に怖い生活習慣病

心臓病とは、心臓弁膜症、狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心内膜炎、 心臓神経症などの病名で呼ばれているもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、 詰まったり、心臓自身の力が弱まったり、心臓の鼓動が不規則になる病気のことです。

心臓疾患の主な症状として、動悸(どうき)、めまい、息切れ、胸痛、むくみ、 手足の冷えや立ち眩み、呼吸困難等、様々です。

心臓病というのは突然発病するのではなく、発症する以前にかなりの長期間にわたり、 隠れた時期がありますので、重大な結果を避けるためにも、その時期に適当な治療を行うことが必要です。

こわーい生活習慣病 〜〜心臓病の種類と予防・治療〜〜 こわーい生活習慣病