関節痛で発熱するのか?

関節痛で発熱するのか? | こわーい生活習慣病

関節痛で発熱するのか?について。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 関節痛で発熱するのか? こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

関節痛で発熱するのか?

「関節痛で発熱するのか?」という疑問がある方も多いと思います。

その答えは、「関節痛で発熱します」です。

関節痛 発熱を訴えて外来を受診する患者さんも少なくはないんですよ。

その多くは、ウイルス・最近が原因の関節痛からくる発熱です。

原因として、1番身近なのは、「風邪・インフルエンザ」でしょう。

体内にウイルスが入り、鼻・喉の粘膜に炎症が起こると、細胞から、「ヒスタミン」などの化学物質が分泌されます。

その時、一緒に白血球から、細胞間に情報を伝達するために「タンパク質」・「サイトカイン」という発熱物質が分泌されます。

その伝達の時に、関節痛や発熱作用のある、「PGE2」という物質も分泌されるんです。

それが、脳の視床下部にある発熱中枢を刺激するので熱が出るんですよ。

「なんで、わざわざ発熱や痛みをともなう原因を分泌するの?」と思う人も居ると思います。

しかし、これが人体の神秘なんですよ!

サイトカインは臓器の機能不全を引き起こす原因でもあるんです。

なので、体に悪影響を及ぼさない程度に収めるために、このPGE2を一緒に分泌してるんですよ!

ウィルスが多ければ多いほど・強ければ強いほど、サイトカインは多量に分泌されます。

それを抑えようとPGE2も同じように分泌されます。

その結果、関節痛や発熱が酷くなってしまいます。

しかし、それは、体がウイルスに必死に抵抗してるからこその症状なんですよ。

怪我などをしてバイ菌が入った時にも同じような症状がでます。

この症状が起こった時は何かしらのウイルスに身体が侵されているのです。


肝脂肪の治療方法を解説|  | 血圧が高くなる理由

▲このページ [ 関節痛で発熱するのか? ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ