血圧が高くなる理由

血圧が高くなる理由 | こわーい生活習慣病

血圧が高くなる理由について。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 血圧が高くなる理由 こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

血圧が高くなる理由

「血圧が高い」「高血圧」などの言葉はよく耳にしますよね。

どういう状態の時に使うかというと、血液を血管の中に流す圧力が高い状態の時にいいます。

私たちは、生きていく上で、必要な酸素や栄養素を含んだ血液を心臓がポンプの作用をして、全身へ送りだしてくれています。

このときの血管にかかかる圧力を血圧というようになりました。

「血圧が高い」状態は、血液が心臓から送りえ出される液大量が多い場合や、血液の流れに対する血管の抵抗が大きいことを表しています。

つまり、心臓はポンプ・血管はホースだと例えられます。

庭に水をまく時・プールに水を入れる時など、ホースの先を指で絞ると水がいきおいよく出ますよね?
その状態が血圧が上がった状態だと言えます。

これはとても危険な状態で酷い時は死に至ります。

ではなぜ、血圧は高くなるのでしょうか?

血圧が高くなる理由はいくつかあるようです。

肥満気味の人・肥満の人・塩分を沢山摂取する人・妊娠中の人・飲酒中の人・動脈硬化の人などが具体的に挙げられます。

中でも、動脈硬化の人は、血管の(ホースの)弾力がなくなり、いつ破けてもおかしくない状態になってしまいます。

しかし、心臓は、休むことなく力強く血液を送り続けます。

その結果、血管破裂という悲劇を生みだしてしまいます。

また、不規則な食事・アルコールのせいで、血管が細くなってしまいます。

血管が細くなってしまうと、抵抗力は10倍以上益すことになり高血圧の理由となります。

その結果、動脈硬化と同じ症状がまちかまえています。


関節痛で発熱するのか?|  | 血糖コントロールの必要性

▲このページ [ 血圧が高くなる理由 ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ