血糖コントロールの必要性

血糖コントロールの必要性 | こわーい生活習慣病

血糖コントロールの必要性について。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 血糖コントロールの必要性 こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

血糖コントロールの必要性

糖尿病をはじめとする、さまざまな生活習慣病の予防には、血糖コントロールの必要しがあります。

血糖コントロールとい気なり言われても、どうすればいいのか解りませんよね。

なので、食後の血糖値をコントロールするする方法を書きます。

糖尿病ではない人は、食事をすると膵臓から、インスリンが分泌されます。

このインスリンは、血液中のブドウ糖を正常に動かす仕組みがあります。

糖尿病予備軍の方は、このブドウ糖がいつまでも高いまま(高血糖)状態になります。

食後の高血糖は血管の内皮組織のストレスの原因になり、細胞の機能が低下してしまいます。

その結果、血栓ができやすくなり、動脈硬化が進む原因になります。

食後の高血糖への対応として大切なのは、運動と食事のバランスです。

食事は規則正しく、必要なカロリーの摂取。

タンパク質・脂肪・炭水化物などの栄養素をバランスよくとることが大切です。

食物繊維を十分に摂取すると、糖質の吸収を抑えてくれるので、食後の血糖値の上昇を抑えてくれることに繋がります。

そして、ゆっくりと噛んで食べることにより満腹中枢を刺激してくれ、食事の量をセーブしてくれるので、食べすぎの防止にもなります。

食べ過ぎないことは、血糖上昇を抑える方法のひとるなんですよ!

そして、運動は血糖値が食後最も上がるとされている、30~1時間の間に少し汗ばむくらいの運動が最適でしょう。

無理せずに、最初はストレッチや柔軟体操からはじめていきましょう。


血圧が高くなる理由|  | 肩の関節が痛い場合の対処法

▲このページ [ 血糖コントロールの必要性 ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ