肩の関節が痛い場合の対処法

肩の関節が痛い場合の対処法 | こわーい生活習慣病

肩の関節が痛い場合の対処法について。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 肩の関節が痛い場合の対処法 こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

肩の関節が痛い場合の対処法

肩の関節が痛い場合の対処法として生活習慣を改善させる必要があります。

まずは、「食事」ですね。

痩せすぎて筋力が不足してしまったり、太り過ぎて筋肉のバランスが悪くなったりします。

食事が偏ってしまうと筋力の低下にもつながってしまうんですよ。

骨を強くする・骨や筋肉の老化防止のためにカルシウムを摂取しましょう。

中高年になると、カルシウムの吸収率が低下するので、吸収を助けてくれるビタミンDも一緒に摂取しましょう。

塩シャケ・カレイ・サバなどにビタミンDは多く含まれています。

サプリメントなどから、骨をさせてる組織を強くしてくれる、グリコサミン・コンドロイチンを摂取するのもおすすめです。

次に、「睡眠」です。

寝ている時に過労が十分に回復しないと肩の関節が痛くなりやすいです。

身体に合わない寝具を使っていると、寝ている時も負担をかけてしまうので、痛みは改善されないでしょう。

筋肉をリラックスさせることでも、痛みがなくなる場合もあるんです。

最後に、「運動」です。

激しい運動ではなく、ストレッチ・エクササイズなどを毎日続けるようにしましよう。

アイロン・ペットボトルなどをおもりに使い、肩関節を左右・前後に軽く振る「アイロン体操」も効果的です。

この様な対処法では痛みが取れない場合ももちろんあります。

慢性的な痛みの場合・急激な痛みの場合などは、カイロプラクテック・整体などの関節を動かす技術は役にたたないでしょう。

そのような場合は、専門家へ相談に行き、ステロイド剤・局部麻酔剤などが入った注射・トリガーポイント注射などをしてもらいましょう。

そして、痛みが治まったら、日常生活で出来る対処法を行っていきましょう。


血糖コントロールの必要性|  | 肩の関節炎について

▲このページ [ 肩の関節が痛い場合の対処法 ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ