更年期関節痛について

更年期関節痛について | こわーい生活習慣病

更年期関節痛についてについて。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 更年期関節痛について こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

更年期関節痛について

女性の多くは40代半ばから50代半ばにかけて更年期が続きます。

更年期とは、女性の性成熟が終わり、老年期を歩む前の期間の事です。

更年期になると、女性ホルモンの量が急激に低下することが原因で様々な症状が出てきます。

その中の症状のひとつに関節痛もあるんですよ。

更年期に入ると関節痛を更年期関節痛といいます。

更年期関節痛についてですが、リウマチとはまったく関係がありません。

症状としては、朝起きた時に手のこわばり・手の指の関節の痛み・階段の上り下りの際に膝が痛くなるなどです。

女性の妊娠中にも、手のむくみや、関節の痛みなど同じような症状が出ます。

この症状の場合は、女性ホルモン(これはスレロイドホルモンの一種)の上昇により、手のむくみを起こします。

そして、それにより神経が圧迫されて起こると言われています。

なぜ、更年期と妊婦に同じような現象が起こるのかはまだ分かっていません。

症状が軽い・症状が悪化してないのなら、痛みやこわはりは持続しますが。時間の経過とともによくなります。

しかし、症状が長引く・走るような痛みや、部分的な鋭い痛みを感じるようであれば病院へ行くことをおすすめいたします。

その場合は、女性ホルモンの低下が原因ではない時があり個人では判断しにくいものです。

更年期関節痛なら、時間とともに良くなり、悪化することも・後遺症が残ることもありません。

が、更年期関節痛でなければ早めに治療しないと治りにくくなってしまいます。


更年期の関節炎について|  | 腰の関節炎について詳しく調べてみました

▲このページ [ 更年期関節痛について ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ