肝脂肪の治療方法を解説

肝脂肪の治療方法を解説 | こわーい生活習慣病

肝脂肪の治療方法を解説について。
加齢とともに発症しやすくなる「生活習慣病」をテーマにしています。

高年層が多く発症すると思われていた生活習慣病ですが、今や若年層の間でも多く発症するようになってしまいました。
そんな怖い怖い生活習慣病を、サイトを通じて防止したり予防したりできれば幸いです。

こわーい生活習慣病 「こわーい生活習慣病」TOP ⇒ 肝脂肪の治療方法を解説 こわーい生活習慣病

こーわい生活習慣病 the mobile

こわーい生活習慣病モバイルサイト

肝脂肪の治療方法を解説

日本人の4人に1人は肝機能障害を抱えていると言われています。

肝機能障害のほとんどが、脂肪肝なんですよ。

この、「脂肪肝」とは、食べ過ぎ・呑み過ぎにより肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった肝臓の肥満症といっていいでしょう。

肝臓に中性脂肪・コレルテロールが溜まると、動脈硬化をはじめとするさまざまな生活習慣病にかかりやすくなります。

たかが生活習慣病と思っていたら命にかかわる場合も多々あるんですよ。

なので、肝脂肪の治療法を解説します。

肝脂肪を予防し・肝機能を改善するためには肝脂肪の原因をなくすことから始めましょう。

肝脂肪の原因は先程も書きましたが、肥満・糖尿病・アルコールの摂取しすぎなどがあげられます。

脂肪がついた肥満体形にはまずダイエットが必要ですよね?

それと同じで、肝脂肪にもダイエットが必要になります。

日頃の食事を低カロリー・低脂肪でバランスのとれた食事を心がけましょう。

食べすぎな方は、食事の量を減らすことも大切ですよ!

そして、肝脂肪を改善するうえで1番重要な事はアルコールを摂取しすぎないことです。

アルコールを控えめにして、タウリンを多く含む食事を心がけましょう!

タウリンには、コレステロールを排泄させる働きのある疸汁酸を分泌させる働きがあります。

その他にも、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早めてくれます。

腎臓・肝臓の有害ミネラルの毒素を排除する機能もアップさせてくれるんですよ!


テスト|  | 関節痛で発熱するのか?

▲このページ [ 肝脂肪の治療方法を解説 ] の先頭へ
前のページに戻る
「こわーい生活習慣病」TOPへ